乳房縮小術・固定術

大きすぎる胸や形の崩れた胸を
理想的なフォルムに再建

乳房縮小術・固定術とは?

女性のシンボルでもある胸を、理想的なフォルムにする手術です。
大きすぎる胸や、下垂によるラインの崩れにお悩みの人にオススメです。

Doctor's Comment

乳房の部分で切除と乳頭・乳輪の吊り上げを行い、理想的な位置の乳頭・乳輪をともなう適切な大きさの乳房を再建するのが、この手術です。大きさは気にならず下垂だけが目立つ場合には、ボリュームの縮小は行わず、乳頭・乳輪の挙上および皮膚表層の切除縫縮を行います。

手術の流れ

  1. Step01

    乳腺・皮下脂肪のボリュームを矯正した際に張りのある乳房とするため、皮膚展開図を想定し、乳輪の位置、切除皮膚量、場所を決め、デザインします。

    乳房縮小術・固定術の手術イラスト 1 皮膚、乳腺、脂肪を切り取る
  2. Step02

    デザインに沿って切開を加え、皮膚ならびに乳腺・皮下脂肪を適切に切除し、止血した後、縫合します。

    乳房縮小術・固定術の手術イラスト 2 縫合

手術概要

手術時間 両乳房 2.5~3時間
抜糸 7~10日後
ご留意点 形態は手術直後より改善しますが、乳輪周囲およびその下に逆T字型の傷あとが残ります。しかし、6ヶ月~1年という時間単位で目立たなくなります。
料金 129万6000円~

※術中・術後の経過には個⼈差がございます。上記はあくまで⽬安とお考えください。