ワキガ・多汗症

(直視下組織削除法/ボトックス治療)
イヤな臭いや恥ずかしい汗染みを撃退
夏場のコンプレックとサヨナラ!

ワキガ・多汗症治療とは?

根本的手術または期間限定の効果を発する治療により
汗や臭いを抑えます。
洗っても臭いが治まらない人、ひどい汗染みに悩む人などにオススメします。

Doctor's Comment

ワキガや多汗の程度は人によって異なりますので、ご自身が気になれば治療の適応になります。汗を作り出す腺は、生下時より全身に発達しているエクリン腺と、思春期に硬毛が生えてくる部位のみに発達するアポクリン腺とがありますが、思春期以降の腋下の汗量はエクリン腺2割、アポクリン腺8割程度と考えられています。そして、ワキガの元はアポクリン腺から産生されます。
当クリニックでは、アポクリン腺を除去する根本的手術と、注射による限定的効果の治療をご提供しています。ダウンタイムや効果の継続期間などを考慮の上、治療法を選択してください。

直視下組織削除

ワキガ・多汗を完治させたい方に!

ワキガの元はアポクリン腺から産生されますので、ワキガの治療効果はアポクリン腺をどれだけ取れるかにかかります。 実際、同部のアポクリン腺を見ると、すき間なく繁茂している状態ですから、吸引法や超音波法では長期にわたる効果を実感するのは難しいのが現状です。根本的に治療するには、直視下で根気よくアポクリン腺を剪除するこの方法が適しています。
手術では、臭いが9割、汗で7~8割の改善がみられます。10割でないのは、未発達のアポクリン腺・エクリン腺が、仲間がいなくなったことで頑張るからです。すべて取り切れればよいのですが、皮膚を薄くしすぎると壊死が起こる危険性が高くなり、美容的でなくなるので、ここがよいところでしょう。これで気になる人はほとんどいないと思います。

手術の流れ

  1. Step01

    脇の下の中央部のシワに沿った切開を加え、有毛部全体の皮下を剥離します。皮膚を裏返し、レーザー及び鋏で直視下のアポクリン腺をできるだけ剥ぎ取ります。

  2. Step02

    止血したあと植皮と同じ要領でアポクリン腺をとり、切開部を縫合した後、浮いた皮膚が下の組織と再度くっついてくれるようこぶし大のガーゼを当て固定します。

手術概要

手術時間 40~50分
抜糸 7~10日
ご留意点 術後2~3日で一度診療させて戴き出血の有無を確認します。問題なければ術後7~10日で抜糸、あとは経過により数回診療することもあります。
術当初の傷の治りが悪くても、6ヶ月~1年でほとんどきれいになっていきます。(ですから、手術については傷よりもできるだけアポクリン腺を取り除くことが重要です。)
料金 37万8000円

※術中・術後の経過には個⼈差がございます。上記はあくまで⽬安とお考えください。

ボトックス治療

期間限定で臭いと汗を抑えたい人に

ボトックス注射の対象は、わき、手、足です。汗産生をうながす神経の働きを抑制し、その下につながる筋肉の動きや汗腺の働きを抑えます。注射後2〜3日後くらいから徐々に効果が出現し、個人差がありますが、通常6ヶ月前後、効果の消滅が早い人で4~5ヶ月間持続します。ただ、手足は注射時の痛みが強く、麻酔クリームを塗布し、手足を冷やしてから注射しますが、若干の痛みの我慢が必要です。
視下組織削除法のような切開を伴う手術を受けると、タンクトップなどでも気にならないほど傷がきれいに治るには、5~6ヶ月かかると思った方が無難です。その点、ボトックス注射なら傷あとが残りませんので、夏が近づいてきてからワキガや多汗が気になりはじめた人にオススメです。

施術概要

ご留意点 注射後2〜3日で効果が発現し、4~6ヶ月間有効となります。
また、個人差はありますが、注射後しばらく内出血や痛みや痺れが残る場合があります。十分理解したうえで治療を受けて下さい。
料金 10万8000円~

※術中・術後の経過には個⼈差がございます。上記はあくまで⽬安とお考えください。